パンが主役の”ものづくり”

 ~パン教室へ向けて精進する日々~

昨日仕込んだ発酵種でコンプレを焼きました♪

IMG_9568.jpg
昨日仕込んだ発酵種でコンプレを焼きました^^
発酵種はとてもシンプルなもの。

毎日パンを焼くのであれば、。
前日のできるだけシンプルなリーンな生地を残しておいて使うのも一つの方法。
老麺法なんて言い方もしますね^^

風味や香りも良くなります♪

とはいえ、。
今回は全粒粉いっぱいのコンプレだけに
発酵種の量は多く、。発酵力の力も借りつつ^^

栄養価は高くなるけれど、
重くなりがちな全粒粉の割合の多いパンの食べ口だったり
食感の良い食べやすいパンにしようという事です♪



IMG_9555.jpg
奥のタッパーが発酵種。
これを全量入れたのでなかなか多し。
IMG_9561.jpg
今回は発酵種も本捏も酵母はパン酵母(イースト)使っています。
とかく、イーストの力を借りる事が残念に思う方も多いような...
私にはそれがむしろ残念に思う事もあるのです( ;∀;)

確かに強すぎるイースト臭のするパンは私もちょっと苦手💧

それでも風味の良いパンはイーストでも焼けてね。
製法と工夫はいろいろ^^

それに、。ほとんどのパン屋さんは生イーストを使っている事がほとんど。
バゲットはインスタントドライイーストが多いと思います。

そんな美味しいパン屋さんがいっぱいです^^

むしろ硬すぎてカチカチ、。美味しく感じにくいパンも食べやすくなったり、
とかく一般的に自家製酵母、天然酵母と呼ばれる
自然酵母種の種類によっては酵母の風味が強すぎて💦
粉の香りがどこかにいってしまいがちな事も少なく
製パンとしても安定性の高いパン作りになるメリット大。

フィリングやトッピングにより
パンの風味や味わいが逆に味の邪魔になる場合もある
パンにはもちろん適していて。

パンの種類は色々♪

味わいや風味も大切だけれど
食感もまた大切^^

風味は良いけれど、。
発酵力が足りない自然酵母種にパン酵母(イースト)を少しプラスする方法をとる事は
パン屋さんでも珍しい事では無いよう♪
それはより美味しくより食べやすいパンを焼く為に。

とはいえ、。「私が〇〇酵母で焼きました。」っというパンには
イーストは使っていないのです^^
プラスした場合は必ずそのように書くようにしています♪

ともあれ、どこにこだわるかは人それぞれ。
私にとっての自由なパン作りはそんなところにもあって^^

酵母は大切な材料の一つだけれど、。
美味しいパンは酵母だけでできるワケでは無いのは
言わずもがな...💧


IMG_9563.jpg


そして、。
白菜にコーンクリームにベーコン♪
それと、鮭の切り身を入れたスープパスタな食事です^^
とても香ばしい♪
IMG_9579.jpg 
関連記事

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

[ 2017/12/02 18:51 ] パンづくり:ハード・セミハード | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する