パンが主役の”ものづくり”

 ~パン教室へ向けて精進する日々~

ぱっくりクープの酒種プチパン♪

IMG_9217_20171222223722584.jpg
久し振りにこの成形っというより、。
このクープの入れ方のパンを焼きました。
とはいえ、。
今回は小さく丸めたプチパン♪酒種で焼きました^^

これでもかって締めてまるめた生地に
これまたこれでもかって、。深くクープを入れます(*`艸´)
言葉で言ってもわかりずらいですね...笑

IMG_9240_201712222237259c4.jpg

この成形&クープはとても懐かしくて、
はじめて焼いたのはホシノ丹沢酵母のパン屋さんで習っていた時。
今はもうそのパン屋さんもパン教室もないのですが
シンプルな配合でシンプルな成形がむしろとても難しく感じました。

宿題のパン焼きをよく深夜まで焼いて
捏上温度、発酵温度、発酵時間、ホイロも同様、
焼成時間、何日目の酵母を使用したか、そして記録用の写真など、、、

細かく記載してパンと一緒に提出。
そして他の生徒さんと先生と皆で試食し評価&感想。
ある意味とても珍しいタイプのパン屋さん主催のパン教室でした。

本当に最初は酷いものでね💧
宿題のパンを持っていくのが、
皆さんの前に自分のパンを出すのが恥ずかしくてね~。笑

形も不細工だし、クープなんてもちろん開かないし、なんかカチカチだし。
味も見た目に裏切らない感じに(*`艸´)
自分の順番が回ってくるのがとても緊張でした。

パンの種類はそれほど多くは無かったものの
自分の記録用としても書き込みいっぱいのファイルが
今でも修了証と一緒に何冊も残っています。
もちろん全てホシノ酵母のパン^^

とはいえ、。
今、その配合で焼く事はほとんど無いのですが💦
誰かのパンをとことん焼き続ける勉強として、製パン学校では学べない
とても勉強になった期間でした。

ある意味、いろいろな粉や酵母に手を出したくなるはじめの時期に
同じような成形に、ホシノ酵母ばかりを何年も焼いていた期間は
無意味なようで大切な事。

今となっては怖かったけれど、。笑
今まで出会った先生たちの言葉が理解できたように思います^^

そう考えると、今。
自分のパンの写真を撮ってブログやTwitterに公開しているなんて
あの頃からは考えられない事(〃艸〃)

いろいろな意味でその時にはそれが必要だったのかも知れないな~。
成形&クープでそんな事を思い出した今回のパン焼きでした^^

IMG_9234_20171222223723f87.jpg
関連記事

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

[ 2017/12/16 18:25 ] パンづくり:カンパーニュ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する