「私のパンたち」アルバム一覧 「大学芋あんぱん」の作り方 | パンが主役の”ものづくり”

パンが主役の”ものづくり”

 ~パン教室へ向けて精進する日々~

「大学芋あんぱん」の作り方

 DPP_0632-1.jpg 
前回に続き
今回は「大学芋あんぱん」の作り方です♪

大学芋と粒あんを1:1で混ぜた餡を、
全粒粉入りの油脂なし乳製品なしの素朴な配合の生地で包みました。
そんなシンプルで素朴な配合の生地ですが、
ごま油と餡子が混ざり合いコクのある、
ずっしりとお腹いっぱいになる「あんぱん」です。
DPP_0639.jpg

「大学芋あんぱん」

<大学芋/材料>3個分
さつま芋(皮つき)100g
きび砂糖 大1/2
みりん 小1
塩 少々
醤油 大1/2
胡麻油 適量
黒胡麻 適量

粒あん 100g

<生地/材料>3個分

強力粉(国産小麦) 130g
全粒粉 20g
きび砂糖 18g
塩 2.5g
インスタントドライイースト 1.5g
黒胡麻 4.5g
水 95g


<作り方/大学芋>
作り方の詳細はこちら→
揚げ焼き「大学芋」
①皮付きのさつまいもを1~1.5㎝にカットする 
②耐熱容器の底にクッキングペーパーをしき
600wのレンジで3分加熱する(お芋により形が崩れない程度に調整してください) 
③炒めるより少し多めのゴマ油を熱し、②を入れきつね色になるまで揚げ焼きにする。
余分な油をキッチンペーパーで吸い取り、醤油、みりん、砂糖、塩を入れ
絡めながら中火で水分を飛ばす。 

④黒胡麻を混ぜる 
s-IMG_7373_20181014173347c87.jpg

⑤粒あん100gと混ぜる
s-IMG_7388.jpg


<作り方>
①水以外の材料を全てボールに入れ混ぜ、水を入れる
※外国産小麦を使用の場合はお水の量を調整して下さい。
s-IMG_7377.jpg

②ある程度粉気が無くなったら台の上に出し捏ねる
s-IMG_7382.jpg

③ボールに入れ、ラップまたはシャワーキャップなどをして
乾燥しない状態で一次発酵をとる(約2倍になるまで)
s-IMG_7386.jpg

一次発酵後
s-IMG_7429.jpg

⑤生地を台の上に出し、3分割(1個約85g~90g)にする
s-IMG_7433.jpg

⑥表面が張るようにまるめ、ベンチタイムをとる(約10分~)
s-IMG_7435.jpg

⑦台の上に軽く打ち粉をし、手の平でガスを抜くように潰し
麺棒で直径約12㎝の円に伸ばす
s-IMG_7438.jpg

フィリングを1/3(1個につき約70g前後)のせる
s-IMG_7454.jpg

⑨上下の生地を、ヒダのない餃子のように半分に包み、とじ目をしっかり閉じる
s-IMG_7446.jpg

⑩とじ目を下にして天板に並べる
s-IMG_7459.jpg

⑪ホイロ(二次発酵)をとる(目安35℃前後で約40分)
⑫200℃に予熱したオーブンで13~15分焼く
※カットした方が食べやすいです♪

秋にはぴったりなパン^^
焼き芋ふぅ~にパチッと写真撮り♪
今年も焼き上がりです。

DPP_0634-1.jpg 
関連記事

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


手ごねパンランキング
[ 2018/10/17 20:35 ] レシピ | TB(-) | CM(-)