パンが主役の”ものづくり”

  ~神奈川県 川崎市。パン教室へ向けて精進する日々~

自分好みのベーグルを作る

ベーグル
生地をゆでてから焼くパン。
理由はわかっても、その発想が面白い!
写真はプレーンベーグル。

フワフワにさせる必要は無いから
一次発酵なし。
ベーグルホイロ後 
ホイロ後、
80℃以上の熱湯(モラセスor砂糖入り)でゆでる
(水溶き片栗粉のとろみと同じで、水+でんぷんに熱を入れる)
そうすると!あのもちもちになるんだ。
はじめて作った時は面白くて、続けて何度作っただろう~
でんぷんのもちもち。
ケトリングとかボイリングって言う工程。
ベーグルケトリング
ケトリングで”ゆで伸び??済み”(←勝手にこう呼んでいる)だから
窯伸びはほとんどしない。

ゆで時間によって、もちもち度?は変わるよ。

熱湯にモラセスや無ければ砂糖(私はいつも砂糖…)を入れる事で
焼き色が良くなり(カラメルソースと同じ)
表面もツルっと艶も良くなる。

そして、焼成。

本来のベーグル生地にはバター等の動物性油脂、
卵や乳製品は使わないんだけれど、
今は、色々なタイプがあって商品として日々研究なんだろうな。

私は少し長めにホイロをとった
ソフトめのプレーンベーグルに
はちみつやクリームチーズの王道が好き。
 ベーグルサンド
今回は、チーズ、キュウリ、マヨに
目玉焼き(コゲめの醤油焼き)をのせて、
食べ応えのある和風なサンドイッチ感覚で。

誰かに教わったベーグルやレシピに慣れたら、
自分の好きなベーグル作りを
色々試してみるのも、パン作りの面白いところ!

関連記事



レシピブログに参加中♪

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
[ 2013/08/14 00:17 ] パンづくり:その他ソフト | TB(-) | CM(-)