パンが主役の”ものづくり”

  ~神奈川県 川崎市。パン教室へ向けて精進する日々~

手打ちのほうとう。「ほうとう」と「うどん」の違いは!?

6152.jpg
ほうとう鍋を作りました。って、。
鍋は土鍋じゃなくて、まさに普通のお鍋。苦笑

そそくさと、お皿に盛って。うどん風。

「ほうとう」っと言えば、山梨ですね^^
以前、河口湖に行った時、大きな富士山を眺めつつ
ほうとう。食べたなぁ。
6126.jpg 
玉ねぎ、長ねぎ、白菜、油揚げ。
やっぱり、かぼちゃははずせないよ。
しかし、薄切りにしたにも関わらず、。
お~ちゃくして、一気に鍋に投入な煮崩れ三昧。汗


さてさて、
”ほうとう””うどん”の打ち方の違いって。
ほうとうはで仕込んで、鍋にそのまま投入~。平気味な太い麺。
うどんは塩水で仕込んで、まずは茹でる。

その違いなんだとか。

粉もの。
パンにも共通するグルテン絡み。
パンもを入れます^^
味付、殺菌、あとグルテンを締める役割り。

塩を入れないとダッラ~っとした生地になってしまいます。
成形もしずらい程。
それくらい、少しの塩が多きな存在です。

そして、うどん打ち。
「塩水が強いグルテンを作る。」って言ってるところがあったけれど、
塩はむしろ発酵はもちろん、グルテンの形成を阻害する一つ。
だけど、グルテンを締める!!必要な存在っという事になります。

そして、捏ねる事でよりコシの強い麺になる。
っと言ったところかと理解しつつ^^

うんちくはこれくらいで...汗

ほうとう。あれ?子供が作ったのかい…!?笑
6134.jpg 
水と小麦粉を捏ねて。
いやいや、我ながら芸術的。オリジナルな切りっぷり。苦笑
鍋には無骨な方がむしろ美味しそうだよ。って。笑

塩なし&煮込みで
太いけれど、食べやすい^^

ちなみに、
小麦粉が豊富な群馬県も
うどんやほうとうに似ている”おっきりこみ”が有名。
”おっきりこみ”は醤油仕立て。
”ほうとう”は味噌仕立て。

昔、群馬県の親戚の家に行くと常に”おっきりこみ”が
味噌汁のごとく定番にある食卓でした。
うどん。って言っていたけれど、。もっと短め。
まさにあれは醤油仕立てのオッキリコミ。


そんなこんなで、
お鍋に大根が入らなそうな予感な小さな一人鍋。
先に厚揚げと煮る事に。笑


それでも、2日は続く量のほうとう鍋^^
寒くなると美味しいね~。
6156-2.jpg  


関連記事



レシピブログに参加中♪

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

にほんブログ村
[ 2015/11/12 20:52 ] 1コンロキッチンなひとり飯 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する