パンが主役の”ものづくり”

 ~家庭用電気オーブンと精進な日々~

私の写真の撮り方。

Posted by nagyi(なぎ) on  

_MG_0191-1-1.jpg 
私にはお馴染みのパンを主役に写真を撮る♪ 
前回に続いて写真の話なものの。
今日は少しだけ私が撮っている
パンが主役のテーブルフォト
写真の撮り方の話。

このブログをはじめて
6年以上は日々パンを撮ってはいるけれど

何せ素人なので
参考程度に読んでくれたら嬉しいです♪

トップの写真は真俯瞰という
真上から撮った写真。

この写真はね
インスタのストーリーズにも投稿した写真♪

テーブルフォトはまず
テーブル作りからはじまり^^

パンを主役に
まず小物をテーブルに並べていくんだ。
少な過ぎず、ゴチャゴチャし過ぎず。
私が使う小物は高価なものなんて一つもなくて(*`艸´)
使い込んだものや
自宅で乾燥させたものや
100均に少し手作り感をプラスして♪

その方が綺麗過ぎず整い過ぎず
自然な気がしてね。

何よりその為に高価な物が必要なワケでは無いし
不必要な物じたいが増えるのは避けたくてね。

そしてもう一つ。
一番大きな理由は

素敵過ぎる小物は
主役のはずの派手とは言えない茶色いパンより
目立ってしまうから(*`艸´)
主役が一番目立たなくてはね。
名脇役も気をつかっちゃうよね。

でも素敵な小物に負けない
かっけ~パンが焼けた自信があるならば
それは自由だよね(〃艸〃)

その辺りは彩り鮮やかなお料理や
カラフルなお菓子とは
撮り方の感覚が違うところ。
もちろん好みもあるけれど♪

小物を配置したらば
次は光の使い方。

窓際にテーブルを配置
レースのカーテン越しの
柔らかい光の逆光、半逆光など
撮っては確認、
角度を移動させては確認してね。

ナチュラルな雰囲気を出したい時
自然光で撮る写真はできれば
晴れた日の午前中
柔らかい光が理想なんだけれど
手作りの物を撮る場合
中々撮れる日や時間に合わせられにくいのが
難しいところ。
発酵具合が、、
焼き上がりが間に合わない事が多くてね。

もし特にハード系の焼き立て感を撮りたい時は
早起き必須...
夏は特にね💦
私には厳しいや…笑

そしてね。
パンの焼き色や質感や形を出したいのか
それとも今回のトップ画像のように
テーブル全体の配置を意識して撮りたいのか
撮り方によっても光の使い方は変わるんだ。

真俯瞰での撮り方では
パンの質感やリアルさは出ないやね^^

こちらは先日の林檎のリュスティックを撮った時の
テーブル作り真っ只中の写真です。

レフ版の代用で白い画用紙を置く事もあるけれど
明る過ぎるキラキラ写真と違って
パンは適度に影があった方が
味やかっこ良さがでるようにも思うので
その辺りはほどほどに。
_MG_0104_202001201839146a2.jpg 
縦位置か横位置で撮るかによっても
真俯瞰、斜俯瞰によっても
テーブル作りは変わってくるよね。

ともあれ、。

・小物選びと使い方、テーブル作り
・光の使い方
・アングル、構図

技術とセンスと
それぞれのこれまた実践と積み重ね。
小さなテーブルの中の世界を作る。

もちろん
まずは主役になれるパンを焼く事が
最優先だけれどね^^

写真もまた無理に撮るものでも無くて
好きだからこそ♪

ただただひたすらパンのアップも一つ。

そんなこんなで
テーブルフォトも難しくて面白いよという話。
少しずつ私のHPの写真も
新しくリニューアルできればと思いつつ
撮っています。

やっぱりつまるところ
精進精進。

_MG_0191-1.jpg 

練習練習フード写真。

Posted by nagyi(なぎ) on  

_MG_0299_2020011800103278b.jpg 
先日のカンパーニュでサンドイッチ♪

自分で焼いたパンを
自分で調理して
自分で写真を撮る。

どれも簡単では無いけれど楽しい。

私の自己紹介のHPにある
トップに書いた言葉。

手作りのモノを撮るって
作ったものが凄ければ作った人が凄い?

より素敵に撮ったならば撮った人が凄い!?

フード雑誌を眺めながら
凄いのは
料理人?それとも写真家!?
それともテーブルコーディネーター??
いつも難しいと思うところ。

同じ料理も撮り方しだいで
不味そうにも美味しそうにも見える。

でもだいたい私たちが見る写真は
商業写真
広告写真
宣伝写真
目指すところは
より素敵に美味しそうに魅せる写真。
皆に素敵だと思ってもらえるような写真。

そして私のようなアマチュアも
そこに近づけるように撮ろうとする。

それは決して悪い事では無くて
例えばレストランに行ってメニューを開く。

そこにどんなに芸術的で素敵な
モノクロの料理写真があったところで
注文したいとも
美味しそうとも思わないから。
SNSしかり
ブログしかり

表現の世界
写真表現という世界とは少し違うんだ。
表現は一般受けする写真とは違って
美術、絵画に似ているのかな。

花は育てた人や
自然が生み出した花が芸術で
綺麗なんであって
撮った人の表現では無くて。

変わったオブジェや建築は
デザイン、設計した人の表現であって
撮る人間の表現とは違う。

そんな新鮮な感覚を学んで
入口に立った去年。

そう考えると日頃見ている写真が
ほぼほぼある意味
広告写真、宣伝写真だって気づくんだ。

フードも同じくね。

その中でもやっぱり
個性とか表現を出したいとも思うんだぁ。

それはパンはもちろん
作るモノと写真の両方に。
ともあれ
そんな事がね

どこかで頭にありつつ
難しさを感じつつ

今日は少し写真の話。

そんな事をつらつらと書きながら
結局いつものように
先日のカンパーニュで
ありがちな写真を撮った日でした(*`艸´)
_MG_0312.jpg

鏡ベーグル開き。

Posted by nagyi(なぎ) on  

_MG_8689.jpg
今日は鏡開き。
鏡ベーグル開き(*`艸´)

大小大きさ違い
年末に元旦の記事の為に焼いた
鏡ベーグル。


成形後が可愛くもあり面白くもあり。
 
そして今日は我が家の小さな玄関に飾っていた
鏡ベーグル開きです^^

っと言っても
だいぶカチコチで
お役目を果たした飾っていたベーグルは
有難く処分をさせていただきつつ
 
_MG_8727.jpg 
冷凍しておいたベーグルで
鏡開き^^

お餅+餡子=ぜんざい
パン+餡子=
餡バターサンドにしたいところだったけれどね(*`艸´)

簡単なベーグルサンドにして♪
_MG_9720_20200109010834137.jpg

今年のミカンのかわり。
瑞々しかった万両の実も
これもまた
いい感じに味が出ていてね。
色も深みがでていい感じです。

_MG_9738.jpg 

そんなこんなで
冷凍庫のパン在庫の消費も兼ねた
鏡開きな「おうちカフェ」
鏡開きなベーグルサンドでした^^
_MG_9680.jpg

七草がわりのピザトースト♪

Posted by nagyi(なぎ) on  

_MG_9625_20200111171945c44.jpg 
先日の山食

緑が主役の
ちょっと優しいピザトースト♪
七草粥がわりにしておこう(*`艸´)
今日は九日だけれどね。

おうちカフェ遊び。
パンを焼くのも勉強だけれど

せっかくなので

少し遊びながら♪
_MG_9666_20200111171228249.jpg  
パンと珈琲
パンと紅茶
パンと牛乳

どれもいいね^^

テーブルフォトも楽しみながら。
珈琲が冷めないうちにね。

少しチャレンジしてみたものの
湯気って写すの難しいね。
ほっこり珈琲の温かい感じ
写せてるかな♪

あまり頑張り過ぎず。
こんな感じで今年は行こう。
_MG_9643_20200111171227d7b.jpg  

おうちカフェはパンと珈琲が私向き。

Posted by nagyi(なぎ) on  

_MG_8583.jpg 
食べ続けるシュトーレン♪
おうちカフェ。

とはいえ
シュトーレンはしっかり密封して
冷凍保存可♪
長期保存だって
できちゃうんだけれどね。
アイスシュトーレンも美味しいんだ。

_MG_8582.jpg 
そんなシュトーレン。
糖分のとり過ぎは否めない...
体重なんて
そこはあんまり気にしないんだけれど(*`艸´)

それより
私の年齢だと健康面(〃艸〃)
そこは断然気を付けたいところ...
だけに
私にはお菓子作りは向いていないや。
たまに楽しめれば嬉しいや。
たまに
お菓子屋さんでケーキを買う楽しみ^^
たまにお菓子を作る楽しみ。

そして誰かが作ったお菓子をね
素敵だなぁって
眺める。

そのくらいが私には丁度いい。

でもね。
小さな声で言うとね。
実は昔、お菓子も習った事はあるのね...笑
基本的なお菓子をひと通り。

それもフランスのコルドンブルーで
講師をされていたというパティシエの方に💦
それがね私
全くもって才能は無かったのね(*`艸´)

それでもその頃に学習した
もの凄い細かいメモメモの
バインダーは今でも大切にあるよね。
必死でまとめたのだけは覚えているよ^^
それもまた私の財産の一つ。
今も時々活躍してくれる資料です。

ともあれ
私はやっぱりパン焼き人
おうちパン焼き人。

「パンと珈琲のおうちカフェ」
私が好きなおうちカフェ。

さてさて
大そうじ一休み。
いつもの掃除にちょっとだけプラスして(*`艸´)

お正月飾りも今日のうちに♪
毎年思うけれど
小さな賃貸マンションに飾っている家って
あまり見かけないな。

気持ちが一気に一年の締めくくりと
来年を意識するから不思議

私には大切な習慣です。

_MG_8579.jpg 

このカテゴリーに該当する記事はありません。