パンが主役の”ものづくり”

 ~家庭用電気オーブンと精進な日々~

美尻な白パン「お尻パン」のコツは!?

Posted by nagyi(なぎ) on  

_MG_6642.jpg 
だいぶ夜な夜な
焼き立てお尻パン♪
先日のチョコスティックパンに続いて
パン作り初心者さんに人気のパン♪
今日はそんな夜活記事。

夜的時間
写真がだいぶそんな感じ(*`艸´)

ふわふわやわやわのパンだけに
翌日にはシワシワなお尻になる可能性は
ほぼほぼ確実なので
まずは焼き立てをパチっと撮りました^^

電気の下で撮るただの焼き立て写真は
無造作で飾り気はないけれど、。
その分素敵に誤魔化せないので
パンの焼き上がりが問われるところ。

さてさて
以前私がコッタさんで書かせていただいたコラム
「ふんわりやわらか♪白パンレシピ」

何で白く焼けるの?白く焼くには!?
そんな理由も書かせていただきつつ。
レシピはこちら♪

材料 6個分
強力粉 200g
砂糖 12g
塩 3g
スキムミルク 6g
無塩バター 12g
インスタントドライイースト 2.5g(小1弱)
水 130g

工程※目安
一次発酵 約2倍
分割 6等分(1個約60g)
ベンチタイム 10分
成形 丸め
ホイロ(目安)35~38℃ 30分~
焼成 オーブン庫内150℃ 12分
※発酵時間は季節や生地温度で変わります。

※因みにコラムはショートニング
今回は無塩バターで作りました♪

工程写真つきのレシピはこちらを見てください♪
「ハイジの白パン」

_MG_6632.jpg
成形後♪
先日のチョコスティックパンの記事にも書いたけれど

このパン
「白パン」「お尻パン」「ハイジの白パン」
色々な言い方はされるものの
いずれにしても
人気のパンだけに目にする事も多くてね。
そんな
たくさんのホームベイカーさんたちを見ていると

焼くのは簡単でも
白くて素敵な美尻に焼き上げるのは
実は意外と少し難しいように感じるんだ。

そんなこんなで
大切なコツは!?

シンプルな成形だけに
まずは基本の丸めができているかの
確認にもなるね。

ベンチ後、丸めなおした生地を麺棒で半分に!
ここは大きなポイントでね。

麺棒に粉をふってね。
麺棒くらいの太さも丁度いい。
気持ち的には半分に割る勢い
思い切りが大切なんだね(*`艸´)

半分になっちゃうよ~
って薄皮一枚、底で繋がっているくらい^^

大丈夫よ
ホイロでくっついてくれるから♪
あ。でも切っちゃだめだよ^^

じゃないと
美尻に焼き上がらないの。

焼き上がってみれば
あれぇ~
申し訳なさげに
かろうじて中央線が残っているだけ~
もしくはいびつな丸パンかい~!?

これだったら
はじめから丸パンにすれば良かったさ。
そんな焼き上がりにもなり兼ねないやね。
もちろん
ホイロも過ぎてしまわないように♪

そして白パンだけに白く焼き上げるには
オーブン庫内150℃
約12分
低温でメイラード反応が起きない温度で。
(※詳しくはコラムに♪)

そんな事を言って私もね。
コラム以来に焼いたから一年以上振り♪
しくじったらカッコ悪いね(*`艸´)

ともあれ、
写真は地味だけれど
なかなかの美尻に焼けました^^
あぁ~楽しかった。
 
しわわぁ~
翌日のしわったお尻♪
これまたお尻の質感
可愛くも感じるよ(〃艸〃)

一応ね。
撮っておいたよ^^
_MG_6678.jpg

レシピ調整!チョコスティックパン♪

Posted by nagyi(なぎ) on  

_MG_6591.jpg 
「チョコスティックパン」を焼きました♪
パン作りの初心者さんでも
手軽に作れる定番なパンの一つ^^

「ハイジの白パン」もその一つだけれど、。
人気のパンだけに目にする事も多くて
たくさんのホームベイカーさんたちの
お尻パンを見ているとね。

焼くのは簡単でも
白くて素敵な美尻に焼き上げるのは
実は意外と難しいよう。

このパンの方がより簡単ではなかろうかと思うよ^^

さてさてこのパンのレシピは
いつかのブログ記事や
クックパッドにも公開したものの

私に配慮が無かった事に気づいたしだい…
詳細は最後に書くとして
変更後のレシピはこれ♪

<材料>6本分
強力粉 120g
薄力粉 30g
砂糖 18g
塩 2g
インスタントドライイースト 2g
無塩バター 15g
牛乳 100g

チョコチップ 30g

<工程>※目安
一次発酵 約2倍
分割 6等分(1個約50g)
ベンチタイム 10分~

成形 棒状17~18㎝
ホイロ 35~38℃ 25分~
焼成 オーブン庫内190℃ 13~15分

※発酵時間は季節や生地温度により変わります♪

※各工程の写真付きのレシピは
過去記事を参考にしてね^^

定番♪「チョコチップのスティックパン」

_MG_6551.jpg 
こちらはホイロ後。
今回はチョコチップが足りずにね
キャラメルチョコチップのブレンドなの(〃艸〃)

お尻パンは「まるめ」
このパンは棒状に伸ばす「のす」

経験のある方にとっては
基本的な二つの技術ができているか?
そんなところが問われるところ。
そんなに気にしなくてもいいけれどね。

焼き上がり♪
_MG_6579.jpg 
さてさて
以前のレシピと違うところはね。

フワフワのパンと違い
歯切れの良い食感にしたい。
とはいえ


以前は準強力粉を使ったのね…
???
そもそも
初心者さんの家にハード系で使う事が多い
準強力粉があるかいね!!?
って自分に突っ込んだね。
そこを強力粉+薄力粉の配合に変えてね

そしてスキムミルク♪
日常的にソフト系のパンを焼く方であれば定番でも
普通はあまり飲まない方も多いよね。
スキムミルクって、。

なので牛乳を使ったレシピに♪
そんなところを変えました^^

牛乳の量は

国産や外国産など使う粉の強さによっても
多少変わるものの

パン作りでは

作り手が調整せざるを得ないところ。
そしてもちろん発酵具合の見極めもね。

どうしても仕方がないところなんだよね。

そんなところがパン作りは
レシピ通りにはいかないところだし
それが難しくて面白いところ^^

初心者さんだと
スーパーで売っている粉が多いのかな。

代表的なものは
強力粉だと黄色い袋の日清製粉のカメリア
薄力粉だと紫色の袋で
同じく日清製粉のバイオレット
そんなイメージが強いね。

ともあれ
難しい事を考えなくても
より作りやすいレシピになったらいいな^^

追記:クックパッドも変更しました♪
「定番♪チョコチップのスティックパン」
_MG_6585_2019111903183207f.jpg

久々コラムの「家焼きナン♪」

Posted by nagyi(なぎ) on  

_MG_3230-1_20190805162259191.jpg 
久しぶりに「おうちナン」を焼きました♪

このレシピは昨年の夏にコッタさんで書かせて頂いた
コッタコラムのレシピ^^

「おうちで本格!ナンレシピ」

その後、動画にもしてくださいました♪

今年も夏本番
カレーがいいね☀

タンドールのようにはいかなくても
「家焼きナン」
とても簡単なので良かったら作ってみてください^^
このちょっと芸術的な見た目もなんかいい。

久しぶりにスパイスいっぱいの
ナンに合うカレー

作ろうかな♪

元気が出そうだよ。

_MG_3221.jpg

手軽な「ぶりの竜田焼き」

Posted by nagyi(なぎ) on  

DPP_0603.jpg
一人だと特にハードルの高い揚げ物。
揚げるより手軽に。
多めの油で焼く
ひとり分でも作りやすい竜田焼きです^^

<材料>一人分
ぶりの切り身 一切れ
塩 少々
●酒 小2
●醤油 小2
●みりん 小1
●しょうが(チューブ)2㎝
片栗粉 適量
サラダ油 適量

<作り方>
①ぶりの切り身は両面に塩をふって10分以上置き、
水気がでてきたらキッチンペーパーでふく。
DPP_0605.jpg

②①を適当な大きさにカットして、●に漬け、途中裏に返し15分以上置く。
IMG_1845.jpg

③両面に片栗粉をつける。
IMG_1856.jpg

④フライパンに炒めるより多めの油を入れ、火にかける。
IMG_1853.jpg

⑤③を入れ、中火で焼き色がつくまで両面揚げ焼きにする。
IMG_1862_20181022211722da2.jpg
⑥油が広がらないよう18~20㎝の小さめのフライパンで揚げ焼くといいです♪


お弁当にも便利なので多めに焼いて
おかず&残りはお弁当にも♪
そんなこんなな
お一人術の定番メニューの一つです^^

さてさて、。火曜日終了♪
今日も一日お疲れ様でした。
DPP_0568.jpg

「大学芋あんぱん」の作り方

Posted by nagyi(なぎ) on  

 DPP_0632-1.jpg 
前回に続き
今回は「大学芋あんぱん」の作り方です♪

大学芋と粒あんを1:1で混ぜた餡を、
全粒粉入りの油脂なし乳製品なしの素朴な配合の生地で包みました。
そんなシンプルで素朴な配合の生地ですが、
ごま油と餡子が混ざり合いコクのある、
ずっしりとお腹いっぱいになる「あんぱん」です。
DPP_0639.jpg

「大学芋あんぱん」

<大学芋/材料>3個分
さつま芋(皮つき)100g
きび砂糖 大1/2
みりん 小1
塩 少々
醤油 大1/2
胡麻油 適量
黒胡麻 適量

粒あん 100g

<生地/材料>3個分

強力粉(国産小麦) 130g
全粒粉 20g
きび砂糖 18g
塩 2.5g
インスタントドライイースト 1.5g
黒胡麻 4.5g
水 95g


<作り方/大学芋>
作り方の詳細はこちら→
揚げ焼き「大学芋」
①皮付きのさつまいもを1~1.5㎝にカットする 
②耐熱容器の底にクッキングペーパーをしき
600wのレンジで3分加熱する(お芋により形が崩れない程度に調整してください) 
③炒めるより少し多めのゴマ油を熱し、②を入れきつね色になるまで揚げ焼きにする。
余分な油をキッチンペーパーで吸い取り、醤油、みりん、砂糖、塩を入れ
絡めながら中火で水分を飛ばす。 

④黒胡麻を混ぜる 
s-IMG_7373_20181014173347c87.jpg

⑤粒あん100gと混ぜる
s-IMG_7388.jpg


<作り方>
①水以外の材料を全てボールに入れ混ぜ、水を入れる
※外国産小麦を使用の場合はお水の量を調整して下さい。
s-IMG_7377.jpg

②ある程度粉気が無くなったら台の上に出し捏ねる
s-IMG_7382.jpg

③ボールに入れ、ラップまたはシャワーキャップなどをして
乾燥しない状態で一次発酵をとる(約2倍になるまで)
s-IMG_7386.jpg

一次発酵後
s-IMG_7429.jpg

⑤生地を台の上に出し、3分割(1個約85g~90g)にする
s-IMG_7433.jpg

⑥表面が張るようにまるめ、ベンチタイムをとる(約10分~)
s-IMG_7435.jpg

⑦台の上に軽く打ち粉をし、手の平でガスを抜くように潰し
麺棒で直径約12㎝の円に伸ばす
s-IMG_7438.jpg

フィリングを1/3(1個につき約70g前後)のせる
s-IMG_7454.jpg

⑨上下の生地を、ヒダのない餃子のように半分に包み、とじ目をしっかり閉じる
s-IMG_7446.jpg

⑩とじ目を下にして天板に並べる
s-IMG_7459.jpg

⑪ホイロ(二次発酵)をとる(目安35℃前後で約40分)
⑫200℃に予熱したオーブンで13~15分焼く
※カットした方が食べやすいです♪

秋にはぴったりなパン^^
焼き芋ふぅ~にパチッと写真撮り♪
今年も焼き上がりです。

DPP_0634-1.jpg 

このカテゴリーに該当する記事はありません。