パンが主役の”ものづくり”

※オンライン「なぎの木パン教室」はじめました♪

イングリッシュマフィン

Posted by nagyi(なぎ) on  

イングリッシュマフィン 

イングリッシュマフィン
私には朝食の爽やかなイメージがあるのは
CMのせいだろうか… ^^

加水は多く内相は粗い、でも自分に扱える吸水量で。
たくさん打ち粉をして作ったり、
手にオリーブオイルをつけて丸めたり
人によってやり方は色々。

私はオリーブオイルを手につけて手早く丸めコーングリッツをつけました。

本当は??型に入れて蓋をして焼くパンなのかな?
(パン学校では実際の型を使用して焼いたな。
本物がみれて少し感動でした。)

もちろんイングリッシュマフィン専用の型は一般家庭には無いので
家庭製パンではセルクルを使う事が多い。
↓生地をセルクルに入れたらもう少し手で平にするのが〇。
イングリッシュマフィンホイロ 
この上にオーブンシートをかけ天板をのせて焼きます。

牛乳パックを細く切ってホチキス止め。
アルミホイル巻いて即席セルクル!
それにラッカーをして使ったところもあったな…
良い考えだとは思ったけれど、、
それが確か職人のプロを養成するところだったと思うと…
少し微妙だったかなぁ。

家庭でセルクルが無い場合はそれもいいかも!
セルクルに入れなくても自然な形で○。

コーングリッツ。もう少し小さい袋で売ってないかな。
もう何度も焼いてるけれど、まだまだあるよ。
他の消費も試したものの、口に残って…

マフィンサンド 


 ・教室HPはこちら→
 5月「膨らむピタ」レッスン募集中です→
 ※過去レッスン個人レッスンもお問合せください♪

参加中です♪

クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


料理教室検索クスパ
・レッスンのお申込みはクスパからも♪

QR

なぎの木パン教室

LINE公式アカウント

・レッスンメニューや最新情報をお届けします♪

該当の記事は見つかりませんでした。