パンが主役の”ものづくり”

 ~家庭用電気オーブンと精進な日々~

テンションが下がってしまった出来事。

Posted by nagyi(なぎ) on  

CIMG6148.jpg
同じ日に記事2つ...!?
今日はとても良い日♪
だったのですが、、、
少し、テンションが下ってしまった事がありました。

あ。↓楽しい話題じゃないので、、
もし以下を読んで下さる方はご了承ください^^;

さてさて、

以前、あるパン教室で出会った方から
お誘いのメールをいただきました。
有名な会社に長くお勤めらしい、とても元気で明るい方でした。

ちょうど、今年パン学校に通っている時でとても忙しくて、
時間的にも、体力的にも余裕がない時だったので
折角誘ってくださったものの、、、
理由をお話して、お断りをさせていただきました。

そして、余裕ができたらまた会うことに…
合わせて、同じパン教室の
欠席したレッスンの補講も一緒に受ける約束をして、
その時は終わりました。

卒業後、補講の件も兼ねてメールをしたところ
返事なし。
???っと思って、その後再度メール。
それもまた返事なし。

そのパン教室には彼女と一緒に補講を受ける連絡済。
そして、その講師の方からも日程が決まったら
ご連絡いただく事になっていました。
再度、その事をメールで伝えて、半年。

不思議な事に未だに、その教室からも連絡ナシ。

私の方も、もう無理してまでお会いしたくはないですし、
理由は何であれ、無視というのは
決して気分が良いものでは無く、
あえて思い出したくは無いのが正直なところ。


そして、今日。
全くこの件とは関係ない
パン教室のレッスン。

予約名簿?予約カレンダー?に
その方の名前がありました。
以前から私が通っている事はお話していたので知っているはず。
(とは言え、現在は有名になられて中々予約が取れない教室ですが、、、)

なんとも、、不思議??です。
忘れていたものの、、少しテンション下がり気味…
いろんな人がいるな~ぁ~^^;て。

でもそれは、彼女の問題。人として。
私の方も、今となってはその最後のお断りのメールで
失礼な事をしたのかも知れませんね~汗

パン教室がやりたい、楽しくパンを作りたいって
言っていたのを覚えています。
それは彼女の自由~。

ただ一つ言える事は、もし何かをやりたくて
何かを目指しているのであれば
どんなに有名なパン教室をいくつも渡り歩いても、 、、

通っているだけ、ミーハー的なノリや調子の良さ?だけでは
たとえどんなに口上手くやっているつもりでも、
いつかは見抜かれる。
 ”楽しい”と”楽”は違う事。
そう個人的には思っています。 


テンションが下がる話題を読んでくださって、、
ありがとうございました!!

さ。私は私で頑張ろっと!

また一週間♪そしてパンも!

高加水レッスン。そしてカンパーニュのクープについて。

Posted by nagyi(なぎ) on  

CIMG6150.jpg
久々のレッスン。
パン教室というものじたいが久し振り♪ 

高加水レッスン。
”秋の田舎パン”と”ホップ種豆乳食パン” 
相変わらずのドロドロ生地^^
CIMG6102.jpg CIMG6121.jpg 

今回も内容盛りだくさん。
キャラメル反応やメイラード反応etc…
パン学校でガッツリやった内容だけに
復習的に懐かしい~ぃ!と思ったものや
はじめて聞く内容もありで、またまた面白かった^^
 

そして、カンパーニュのクープについて。

これは日頃から私自身が思っていた事だったので
思わズ、発言しつつ、、スッキリした内容でした。

カンパーニュのクープって
バックリ開いている=上手くできた♪って
家庭製パンでは思っている方が多い気がします。
それは、何故だか?わからないけれど、、、

パン学校でも思ったけれど、
パン屋さんのカンパーニュってあんまりクープ開いてないんです。
十字クープより開きにくい井の字だったり。
エッジも立ってないし。

そもそも田舎パンと呼ばれるくらいだから
田舎の保存食。
日持ちさせる事を考えたパン。

バケットのように焼成後、数時間が一番美味しぃ~という
皮を食べるパンとは正反対。

だから、クープをあまりにバックリ開かせてしまうと、、
乾燥してしまい、乾燥大敵!なパンにとっては
保存食どころか、日持ちしないパンになってしまう。。。

現在は食糧が豊富で保存を考える必要は
無いかも知れないけれど、
もともとのパンの種類としては、
そういう事なんだと思います。

まさにその事を、そのまんま今回のレッスンで
伺いつつ改めて確認ができて良かったです。

収獲あり♪

でも、カンパーニュのクープ。
見た目的に言えば、バックリ開いてるの
カッコイイですよね。
それもまた芸術かも知れないですね^^

CIMG6164.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。