パンが主役の”ものづくり”

 ~家庭用電気オーブンと精進な日々~

ポーリッシュ。オートリーズ。ストレートの焼きくらべ。

Posted by nagyi(なぎ) on  

IMG_4850_右ポーリッシュ法左ストレートともに良く捏ねベンチ20
週末は数は焼けど、思うようなパンが焼けなくて、凹みモヨウ。
残るは疲労ばかりなり、。って、これが勉強というものさ💧
ちゃんと記録はとったけれどね…

ともあれ、学習学習~。
パンは”腕”だけでも”うんちく”だけでも×で。

ただパン焼き歴が長いとか
闇雲に数を焼けば上手くなるというものでもなくて。

製パンは理数系の職人ワザだと思っているんだ。
本物のプロと言えるパン職人さんは間違いなく頭のキレる方たち。
製パン理論や勉強と瞬時の判断。

そこに腕と体力と持久力&忍耐力。そして経験とセンスが加わって。
凄い世界、。ホント。

いつか何処かで聴こえてきた事があるこんな事。
「ある程度バゲットが焼けるようになりたかったら、
半年間毎日。同じ環境。同じ配合。同じ酵母。同じ粉で焼き続けるのが〇^^」っと、。

それだけ、微妙な変化と感覚をつかむには時間と経験が必要...
ヒッソリと心で思った覚えがあります。

家庭製パンで細か過ぎるこだわりは無意味な時もあるし
偏りになってしまう時もあるけれど。
勉強となれば、もちろん!ある程度は必要。

そして、プロにはプロの環境と世界があり、
職人さんだからと言って、皆が家で同じようなパンが焼けるワケでは無いんだ。

家庭用オーブン。イーストフードなし。
ミキサー。シーター。温度湿度管理が適正なホイロもなしで上手にパンが焼けたら!?

それは凄い事だと思おう!!
そう、思っているところもあります^^

そして、あえて家では比べた事がなかった事をやってみたよ。
バゲット焼きは相変らずだけれど、

今回は、ポーリッシュ法。オートリーズ法。ストレート法。の焼きくらべ。

製パン学校以来かも。。苦笑

とはいえ、
ある程度の腕が無ければ、焼きくらべたところで適正な比較にはならんけれど...💦
何より、家庭用の電気オーブン。
まっ。その辺は自分の感覚として経験できれば良し!っとぐらいにはじめました^^


最近続いた、若干反り気味な若め若めで焼いてクープを開かせる事は少しやめて、。笑
しっかり生地を緩ませながら。

ともあれ、。のっぺり~な焼き上がりのものもあり。
本当にバゲットって、。腕や見極めが全てでてしまう隠せないパン.....汗

微サフ&加水高めな内相ボコボコバゲットだったり、
焼きたいタイプはいっぱいあれど、
ともあれ、もっと腕を上げねば、。

その時食べたいタイプのパンが焼けるように。
また焼こう。

該当の記事は見つかりませんでした。