パンが主役の”ものづくり”

 ~家庭用電気オーブンと精進な日々~

パンの写真撮り

Posted by nagyi(なぎ) on  

 IMG_2878.jpg 
酒種カンパーニュ

クラストは今一だったものの
お馴染みカンパの穴ボコは
ボッコボコよりこれくらいがいい^^

酵母の量の割に焼けていないので
今はホップ種、酒種、レーズン種の三種類
久しぶりにホシノも起こしたいところなんだけれど。
最近は酒種とパン酵母続き。

さてさて
パンの写真の話。

パンは茶色だけに
お料理やお菓子のように
彩りよく撮れるはずもなく

だからと言って
お花やカラフルな食器と一緒に撮ってしまうと?
パンの茶色はあっという間に
脇役になってしまう。

人の目がまず先にいくのは
鮮やかな色

「パン作り」メインのブログや
SNSで投稿される方は
お料理やお菓子作りをする方の数に比べれば
圧倒的に少ない。

それでもパンは
食事にもなるし、おやつにもなる。
かっこ良くもなれるし、可愛くもなられる。

パン好き
パン大絶賛。
IMG_2876.jpg
でもね。
写真で考えるとすれば

彩りよいお料理やお菓子と違って
パンの写真を素敵に撮るのはだいぶ難しい。

「写真で誤魔化す」って言葉。
私も以前は思っていたんだけれど

インスタで見かける白とびキラッとした写真や
ボカした写真は別として

そんな
キラキラやボカさないで

誤魔化せたらそれはそれで
写真の技術があるって事だな
って思うようになったよ。

「一眼レフさえ買えば」
「一眼レフを持っていれば」
って、。
いざ撮ってみると?
あれあれ、
コンデジやスマホの方が
綺麗に撮れてたなんてよく聞く話。

もちろん一眼レフとて勉強と実践
技術とセンスがなければ素敵には撮れないから。

・相当上手にパンを焼くか
・相当かっこよく写真を撮るしかないんだ

そのどちらもホント、。
難しくてね。

だから私はさ
どちらも半々で上手になろう♪
そう思うとするよ(*`艸´)

どちらも完璧にはできそうにない。
もちろん、日々上達を
目指そうとはしているけれどね。

それもまた技術の一つ
表現の一つとして。

目指すところは
パンの技術と表現
写真の技術と表現
どちらも作品になれるように。

そしたらさ。
面白い事になりそうじゃん^^

あっでも、。
先は長そうだけれどね…(〃艸〃)
あれ!?ピントあまいの??💦
IMG_2902.jpg

成形だけでは成功ならずのハンドゼンメル

Posted by nagyi(なぎ) on  

DPP_0049_20190703170739d12.jpg
ちょっと前に続けて焼いた
ハンドゼンメル再び♪
失敗につき、。
本当は記事にする予定は無かったものの
写真を撮ってみるとね。
何故か思いのほかお気に入りに(*`艸´)

さてさて
焼き倒した平成の終わりの
ハンドゼンメル。

焼かねばまた下手になってしまうから
たまには焼いておかねばね💦

あの悔しさと悲しさと疲労と
嬉しさを忘れちゃならん!
何度も
「何処かに上手な先生はおらんかね。」
そう思いながら一人格闘した日々を(*`艸´)

なぜならば
このパン。

完全に言い切れるよ
「非常に難しい」

でも成形が上手くいくと
なんたって可愛いんだ。
DPP_0048.jpg
成形はまずまず成功。
やっぱり
どうしても
難しい成形に意識がいってしまいがち。
でもね。
たとえ成形が上手くいっても?


ハンドゼンメルのこの折り目は
生地作りやホイロ終点の見極めしだいで
大失敗してしまうのね…

いつもは準強力粉を使っているものの
今回は粉を変えて
強力粉と薄力粉の配合の割合を調整

成形は成功。

でも結果は?のっぺり…

もう少し薄力粉の割合を減らして
ホイロは少し過ぎてしまったかな。

本当に難しい
大好きな手成形のカイザーゼンメル

それでも
焼けば焼くほど少しずつ色々な事が
わかってくるパン。

粉を変えただけでこれだけ変わる。

のっぺり~
次に繋げよう。
DPP_0052.jpg

私には上出来パヴェ♪

Posted by nagyi(なぎ) on  

IMG_2827-1.jpg
苦手なパヴェ
克服作戦💦

作戦!?
そんなものは何もなかったんだっけ…(*`艸´)

ともあれ
やっとこ私にしては
うまく焼けたパヴェ^^

IMG_2780-1.jpg
スコーンのような固くてシャープ過ぎても
パンとしてのパヴェらしくないし
ソフト感も無さそうで
ミルクパンらしくもないもんね。

「ミルクと卵とバター」が美味しい。
ややリッチでも
フワフワではなく
ソフト過ぎないパン。

とは言え
若干シャープにしたかったので
ホイロを控えめにしたらばさ、。
次回はもう少しソフト感を出したいところ。

そんな次への調整はあるけれど
やっと成長が見られるのは
嬉しいところ^^

武蔵小杉のメチエさんの素敵なキャレには
だいぶ届かないけれどね

あれ程美しくて丁度いいソフト感の
ミルクパンは

ホームベイカーさんはもちろん
パン屋さんでも見た事ないな。

次に繋げよう♪

さてさて、。
長い間コメント欄を閉じっぱなしでごめんなさい…
コメントはあまり使って来なかったので
頂ける事も少なく
完全に閉じてしまって💦

それでも
メールでブログの感想をくださる方もいらっしゃって
本当に有難い事です。

すっかり一人でしゃべっているだけの
一方通行なブログになっとります。

今後は毎回ではないものの
そんなきとくな方も気を使われる事なく
コメントを開ける記事を作ろうと思います。
良かったら感想をいだだけると
嬉しいです^^
IMG_2808-1.jpg

大きく焼いたフガス。フーガス

Posted by nagyi(なぎ) on  

IMG_2755-.jpg
フガスを焼きました。
フーガスという方が多いのかな
一枚につき天板一枚
いっぱいいっぱいに使って

大きく焼いて♪
IMG_2737-.jpg
今回は「木と葉」の二枚
一般的には葉っぱの形が多いようだけれど
木の形も作ってみたよ(*`艸´)

作るのも面白くて
簡単で美味しい。

そんなイタリアのパン

く焼きつつ
もっちりタイプよりは
グリッシーニよりな
カリッとした部分もあるよな。

薄めに伸ばして比較的しっかり焼きました。

ベーコンとローズマリー入り♪
最近は手軽にそのまま食べられるようなパンが
便利に感じつつ

やる気と体力が帰ってくる事を
自分に期待しつつ(*`艸´)

スイッチを探しながら。
そう
やる気スイッチ見当たらない…

IMG_2765-1.jpg 

目指したところはドトールのジャーマンドック♪

Posted by nagyi(なぎ) on  

IMG_2726-2.jpg
目指したところはジャーマンドック
いつかのドトールのジャーマンドック(*`艸´)

IMG_2662-1.jpg 
アメリカン♪なドックロールやバンズのような
甘さの強いパンではなく

シンプルでどちらかと言うとセミハードの生地
表面に薄くひと皮あるよなパン♪

そこを目指したのだけれどね(*`艸´)
もう少し軽い方が良かったかな
また次回に繋げよう^^

ともあれ
これは家やお店で食べてこそ美味しいパン
セミハードよりなパンだけに
トースターで焼きなおして食べるのが〇!

それもまたアメリカンとは違うところ。

ソーセージの長さが足りず、。
二本使いの日本流な私流…?
苦肉の策(〃艸〃)
致し方あるまいな。
IMG_2714-1.jpg 

該当の記事は見つかりませんでした。