パンが主役の”ものづくり”

 ~家庭用電気オーブンと精進な日々~

パンと写真とおやつの時間。

Posted by nagyi(なぎ) on  

 _MG_5950_2019102921424201d.jpg 
最近はカラッと晴れた
良い天気の日が少なくて

日も短いから
タイミング良く写真が撮れないや。

そんな

曇天な日のおやつ。

先日のパヴェ
リンゴジャムと蜂蜜をのせて♪

板チョコでもあったならば
迷わずもう一つにサンドしたんだれど(*`艸´)

さてさて

当たり前だけれど
パンは茶色
形もシンプル
それだけにパンの写真を撮るのは難しい...

素敵なお皿や小道具たちの力を借りて
誤魔化したいところだけれど、。

使い過ぎるとパンはあっと言う間に脇役。
むしろ素敵な小道具が際立ってしまう。

だからね
脇役に負けない
主役になる相当カッコいいパンを焼くか
相当写真がうまくないとなんだな。

パンと写真。

私もブログやSNSをやっていて
思う事。

パンにお菓子に料理
写真に今時は動画にYouTubeの映像や編集?
教室や人気や何かの集客目的含め
どれもこれも手を出すのは人の自由
ただ
ブーランジェ、パティシエ、フォトグラファー
テーブルコーディネーター
そのそれぞれにプロがいるものだから。
それを全てできる人はいたとしてもほんの一握り。

才能とセンスに環境と運
そして努力をし続ける事のできる凄い人

でも私も含めて
ほとんどの人はその一握りの人には届かない。
それが見えないまま

憧れだけでそこそこの勉強をして
たとえそれぞれにもっともらしい事を言ったところで
説得力はうまれないと思うんだ。

というより
やる事は自由だけれど
楽しいばかりで
間違った事が広まってしまうのは困りもの。

何よりもったいなく思えてね。

だってそれだけやるという事は
少なからず皆さんに見てもらいたい
そんな気持ちがあるはず。

すぐには誰の目にも止まらなくても

ブレずに
「これだけは得意」
そう言えるものを作りたいな。

それからでも遅くはないよ。
それが自分の強味になるものだから。

昔大嫌いな先生でもあったシェフが言っていたっけ。
「〇〇!一つでも得意なパンを作るといいね」
パン作り一つをとってみても同じ事
パンの種類は膨大だからね。

皮肉にも
今でもその自分で得意と言えるようなパンを一つ一つ
地味~に増やし続けているよ。
気分のムラが大きくてね
時には鼻くそにも思えた
大嫌いだった先生だったけれど(〃艸〃)
たまには良い事言ったのかも。

そう思ってちまちま進むだけさ。
_MG_5955_2019102921423637e.jpg

フォカッチャちゃちゃちゃ♪

Posted by nagyi(なぎ) on  

 _MG_5914.jpg 
深津絵里さんのパスコのCM
フォカッチャ
チャチャチャ♪

最近この響きが何とも耳に残っていてね。

あのCMのシリーズの世界はとても素敵だね
深津絵里さんもとてもいい^^

そんなCMを見ていたら
フォカッチャが食べたくなったのね♪


とは言え
パスコのフォカッチャを食べた事があるかと言えば?
一度も無いんだ...(*`艸´)

見る限りでは
私が焼くタイプのフォカッチャとは
確実に違う事だけはわかるけれどね。

そんなこんなで
いつものようにフォカッチャを焼いたよ^^

_MG_5904.jpg 
うん♪
生地にはローズマリー
飾り気のないシンプル焼きっぱ。

これがいい^^

カットだけ
CMのフォカッチャのようにしてみたのね(*`艸´)
より細いかな。
うん♪
食べやすいカットだ!

そしてうまい。
これが私のフォカッチャのイメージ真っ只中。

とはいえ、
このオイルと塩気いっぱいのタイプは
ホールセールのパンとして売るのは
難しいやね。

今度パスコのフォカッチャも
買ってみよう。

_MG_5912.jpg 

ボリューム違いのパンオルヴァン。

Posted by nagyi(なぎ) on  

_MG_5461.jpg 
パンオルヴァン
二つ焼いて
一つはパックリクープ。
一つは開かなかったクープ...

だいぶ上出来とは言えない
今回のパンオルヴァンだったけれど
せっかく焼いたので冷めたならば
すぐさまカット!
クラムの比較。

その前に勘違いしておきたくないのは
とかくどんなパンでも
クープ
クープ
ってクープが開けば成功♪
そう見た目だけで言いがちだけれどね

そもそもクープがパンに影響するのは!??
・火通りだったり
・気泡だったり
・ボリュームだったり
・そして見た目の飾り的な役割りだったり

それは作るパンによって変わるんだ。

飾りがメインのクープもあれば
ボリュームを出す事がメインのクープもあり。

必ずしも全てのクープの正解が
エッジはもちろんパックリではないので
そこは勘違いしたくないところ。

_MG_5466.jpg 
さてさて
クープの話はさておき
今回のパンオルヴァン

右がパックリクープのクラム
左がちんまりクープのクラム

まずはクープの役割りの一つ
ボリュームが全然違うし
気泡も右はクープに向かって勢いあり。

ともあれ
どちらもあんまり素敵くない。
それはもちろん美味しさの一つである
食感にも影響あり。

失敗しても
味は美味しい?
とかくありがちな言い訳(*`艸´)
言いたくはなるものの、。

う~ん。
パンはそうとばかりは言えないところだよね...

逆に言えば
見た目はどうであれ
ひどくマズいパンもあんまりないからね。

長くパンを焼いていて
それはだいぶ
カッコ悪い言い訳
言うのはやめておくとするよ(*`艸´)

_MG_5446.jpg

苦手克服!嬉しきパヴェ♪

Posted by nagyi(なぎ) on  

_MG_5705.jpg 
パヴェを焼きました^^
去年から
苦手だ苦手だと言っていたパヴェ。
以前の記事
「やっぱり苦手なパヴェ」

そして苦手を得意にするぞ!
そんな大口を叩いていた去年(*`艸´)

とは言え瞬く間に時間が経ち...
口ばかりなり💦

今年こそは!!っと
ひたすら焼いた令和元年の梅雨的季節。

そして感動のパヴェが焼けた前回の記事
「上出来パヴェ」

そんなプチ歴史のあるミクルパンのパヴェでね♪
あれからまた少しばかり時間が経ちつつも

気持ちの上では苦手は卒業済み。
克服済み♪
のはず!?笑

とは言えちょっとドキドキしながら。

_MG_5679.jpg
成形後。
いいのではなかろうか。

そして上手く焼けたよ焼けた(〃艸〃)
やったぁ♡
克服はできているよね~

・カクカク過ぎず、まんまる過ぎない
ミルクパンらしい石畳なパヴェ。

・ミルクと卵とバターが美味しい
リッチ過ぎず、ソフト過ぎないミルクパン。

いやいや
「得意なパン」と言ってみようか(*`艸´)
今だけね♪
_MG_5700.jpg

今月のハンドゼンメル

Posted by nagyi(なぎ) on  

_MG_5670.jpg 
月に一度は焼こうと決めた
ハンドゼンメル
手成形のカイザーゼンメルです♪

このパンはこのブログでも
もはや私にはお馴染み。

成形はたとえ久々でも
やっと手が感覚を覚えたようで
大きく失敗する事は少なくなってね。

それでも
難しいパンなものだから
最低でも月一で焼きたいパンなんですね。

そんな今月のハンドゼンメル^^

その他にも今年の春以降は
色々なオーストリアのパンを焼き続け

ひたすら練習練習でした。

その頃に
このブログやSNSにPOSTした写真。
オーストリアのパンの写真を
先日、富澤商店さんがInstagramで
過去の人気投稿の一枚としてリポストして下さってね^^

「オーストリアの小型パン」

これ、
ほんとに嬉しいんです。
私にとって富澤商店さんは
昔からお馴染みのお店。

子供の頃から
味のあるのれんの掛かった
町田本店は私にとってワクワクする場所だったな。

そしてTOMIZさんは
InstagramやTwitterなどの
SNSで
パンもお菓子も偏りなく見てくださって
リポストしてくださって
これまたパンをメインに作る私には
とても嬉しい事。

有難く思いつつ
インスタを開いてテンションが上がった日♪

_MG_5666.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。