パンが主役の”ものづくり”

 ~家庭用電気オーブンと精進な日々~

中国のパンのイメージは。

Posted by nagyi(なぎ) on  

_MG_6018.jpg 
久しぶりにウー・ウェンさんの
「北京小麦粉料理」のレシピから
塩と五香粉を巻いたウーシャンフォシァオ
これに白ごまをつけてフライパンで焼きました^^

中国のパンと言えば
肉まん、あんまん、花巻など、。
蒸すイメージが強いですよね。

冬は特に作りたくなるパンたち♪

今回のパンはフライパンで焼くパン。
フライパンで焼くパンは「ちぎりパン」なんかも
普通によくありますね。

でもちょっと違うのが
発酵させた生地を油で焼く!
これが美味しい^^
白ごまをつけるとさらに香ばしさも加わって
これまた美味しい。

以前はもっとよく作っていたな。
このブログでもよく記事にしていた気がします。

_MG_6022.jpg 
さてさて
話はだいぶ変わって

私はずっとこのブログがメイン♪
Twitterやインスタもやっているし
SNSがメインの時代になっても
それは変わっていなくてね。

ただコメント欄は閉じっぱなし。
相手の方が見えなさ過ぎてね…
ごめんなさい。
とは言え、
もともとコメントは
あまりつかなかったけれどね(*`艸´)

それでもSNSと違ってわざわざ来てくださる方は
きっと皆何かしら同じものを持っている方たちだと
勝手に思っていて有難く思うんです。

だって、
SNSは人気、フォロワー数、いいね♡の数
フォロバ目的であの手この手の方も多いもの。
フォロー獲得、いいね♡獲得

ひたすら、いいね♡やフォローを
しまくったかと思えば
嵐のようにフォローを外してまわったり
自動でいいね♡をしてまわるアプリもあるそうな。
良い悪いは別として
ほんとフォロワー獲得作戦も
色々なパターンがあるよね。

それだけ人気やフォロワー数獲得は
魅力的だという事なんだね。

ただ特別関係のないアカウントであれば
そんな人も多いもんだ。
そんな感じでスルーするところなんだけれど

それがある程度名の知れたパン屋さんやシェフ
パン教室やパンやお菓子垢の方だと、
ほんとガッカリするんだ...

今月でTwitterもまる4年。
色々な事が見えてくる事もあって
先日Twitterで一言こんなつぶやきをしたのね。

「インスタでフォロワー数やいいね♡の数が少ない
凄いのを作っている人を発見すると
見つけた感で嬉しくなる(*`艸´)
その逆は、世の中そんな事も多いもんだ。」


したらば
あるお菓子メインの
インスタでもTwitterでも高フォロワーの方
ソッコウ、私のフォローを外したよね。
偶然目にしてしまってね(〃艸〃)
そりゃぁもう早かったね~

たださ。
それはいいとしてもさ。
インスタもTwitterも私からフォローしたワケではないのでね。
せめて、相互で外していって欲しかったな(*`艸´)
私も外したけれどもさ。
それ失礼でしょ。

お菓子ではだいぶ人気のある?イメージ。
お菓子メイン少しパン♪
パンメインの私にはうっすらそんな印象
私は近寄らんよ。
むしろ近寄って来ないで欲しいな。
もちろんこのブログにも。
Bしておくね。

因みに〇〇パートナーの方のようなので🤫
よほど私のツイートで気分を害したんだろうね。
あれあれそこは
私も少しだけ近からず、遠からずだったような...

偶然にもほぼほぼ瞬間を見てしまうって
気分が悪いもんだね。

その通りって事かな。
少し納得だけど。

よくある事だけれどね。
合わない方にフォローされようとも
付き合おうとも思わないから。

私も一度はフォローを返させていただいても
外させていただく事はあるものだし
よくよく拝見すると???だったり
人は変わりゆくからね。

自分からのフォローの場合は
まだ無いかな。

もしその時は
それでもフォローを返して頂いたのであれば
相互で外させていただくよ。
そこに有名も無名も人気、不人気もあるかいね。

ともあれ、SNSと違い
ブログには来てくださっても
見て下さる方には何も得はない。

それでも来てくださるって
本当に有難いって思います。

わざわざ来て文句るっていうのは
出入り禁止だけれどね(*`艸´)

さっ。
小細工に必死になるより
パンの腕磨く事が先だよね。

追記:SNSと言えばね
インスタのハッシュタグ#フーディーテーブル
ここのトップにはお弁当を含む料理、パン、お菓子、
そして写真!
それぞれのトップとも思える凄い人たちが集まる場♪
商品宣伝契約と引き換えにバックアップされている方ばかりではなく
ほぼほぼ特定の企業に属していない方がいっぱいで
ひぇ~すげ~って嬉しくなるよ^^
PC版よりスマホで観るのが◎です♪
_MG_6010_201911032249382c4.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。