パンが主役の”ものづくり”

※オンライン「なぎの木パン教室」はじめました♪

一本クープの開き過ぎ💦

Posted by nagyi(なぎ) on  

_MG_2635-1.jpg
一本クープのカンパーニュを焼きました♪
とは言え開き過ぎでしまってね💦

カンパーニュらしからぬ
ポンポコ状態...
そんなこんなで内相写真な今回です(*`艸´)

一本クープって開きやすいかわりに
変に開き過ぎてしまう事も多くて...

開けばいいってもんじゃぁないよね。
最近はオーバルと言うよりは、。
大きなクッペに近いカンパを焼かれれる方も多くて

目指す方にとっては
その辺りもまたぱっくりクープや
気泡を作るための一つの方法でもあるやね^^

そんな理由も
一本カンパが多くなっているように
思えるこの頃。

中には
ライ麦もほぼほぼ入らないタイプの
見た目もまんまクッペ。

それは大きなクッペとどう違うの?
その辺りは謎だけれど
パン屋さんでさえ
はっきりした基準は見つからないかも。

何をもってしてカンパーニュというのか。

それぞれの好みや思うカンパがあるんだろうな♪

そもそも私もカンパでも
サワー種を使うパン作りはしないしなぁ。

サワー種
やるとすると
日々この種のパンばかりを焼けないだけに
粉を捨てる事になる
捨て種の問題にも抵抗があって
踏み出せないまま...

たまにお手軽乾燥サワー種を使うくらい。
酸っぱ過ぎるパンは苦手でも
きっと使い方しだいだよね。

ドイツパン♪
勉強したい気持ちと興味はあるのだけれど。

ルヴァン種、ルヴァンリキッドの方が
家庭でも風味メインで使われている方も多そうな。
私も長く使っていたけれど
それでも捨て種の日々になり、。
昨年終わりにしました。

いつかまた再開できるくらい焼ける日まで。
パン オ ルヴァンはたまに食べたくなるんだ。

作るとしたら
何かの酵母の力を借りて
バッタもののルヴァンで
短期間だけ再開もありかな。

今日はそんな事を一人ぼやきつつ。
つまるところ今の状況で自分ができる事を
やるしかないいつもの事♪
話は脱線したものの、。

何やら
オーソドックスな十字クープが懐かしく感じる。
私にはやっぱりカンパは
丸やオーバルがしっくりお馴染み。
次回は〇にしよ。

_MG_2643-1.jpg


 ・教室HPはこちら→
 5月「膨らむピタ」レッスン募集中です→
 ※過去レッスン個人レッスンもお問合せください♪

参加中です♪

クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


料理教室検索クスパ
・レッスンのお申込みはクスパからも♪

QR

なぎの木パン教室

LINE公式アカウント

・レッスンメニューや最新情報をお届けします♪

該当の記事は見つかりませんでした。