パンが主役の”ものづくり”

※オンライン「なぎの木パン教室」はじめました♪

気泡のお話しリュスティック♪

Posted by nagyi(なぎ) on  

_MG_2090_202105181304131a0.jpg
リュスティックを焼きました。
早速!
気泡の写真を撮って
トップにしてみたよね(*`艸´)ププ

って冗談です^^

ただ見た目がちんまりな焼き上がりでね。

内相は良好だったから
寄りで撮ってみたというだけ。笑
気泡マニアに変身したワケじゃないよ^^

さてさて
最近の話の流れから
折角トップ写真が気泡なだけに
気泡のお話し少しだけ。

一般的に気泡の何にこだわるかって💦
詰まっていないかどうか。

大小色々な気泡が悪いという訳ではないけれど
バランスの良い蜂の巣的気泡が
好まれる方が多いですよね。

もちろん軽さや
気泡のキラキラと光ったような
半透明な瑞々しさは食感にも影響があってね。

外相も内相も大切なのはもちろんです。

とはいえ、。多少の目の詰まりをね
たとえば目をつぶって食べてみて
どこまで違いがわかるかは

どこまでわかる方がいるかは
謎…(*`艸´)

皆がそこまでわかって焼いていたら
本当に凄い事だと思います^^

しかもリーンなパンは
日本人は
そのまま食べる事は少ないだけに
食事やサンドとして食べた場合
さらなる違いはといえば……???

さてさて
んじゃ何故に「おうちパン」で
そこにそこまでこだわる方が多いのか!?
もちろん好みや
わかるかわからないかは別としての
美味しさはあってもね。

あくまで私が思うのは
見た目。
パンの内相も芸術的でありたいという想いかな。
それと
凄い人たちがやっているから。
皆が言っているから、やっているから。
これが大きいのではないかな。
そんな風にも思うんですね。

もし!
そこまで「味」にこだわるのであれば?
美味しさを追求するのであれば

家庭用オーブンではなくて
頑張って労働しつつ
家庭用のデッキオーブンを購入して焼くか
あっさりパン屋さんで購入するかに
なってくると思うんですね。

なぜならばさ。
ハード系の中でもバゲットは特に
「皮を食べるパン」
そう言われているパンだから。
そして
パン屋さんのデッキオーブンで焼いた
皮の美味しさは大!
(あ。コンベクションのパン屋さんも
あるけれどね^^
今回はそのお話は省略)

因みに
「ミを食べるパン」はパン・ド・ミ♪

そんなもろもろを頭でわかっていた上で
やっぱり
「おうちバゲットが上手になりたい。」

そうであれば理解ができる私です。
だって以前は
私がそう思いながら焼いていたから^^
学校や素敵なパン屋さんのパンに憧れて。

同じハード系でも小型のパン
今回焼いたリュスティックや
小型のセミハードなタイプは
家庭のオーブンでも
比較的美味しく焼ける範囲だと思うし

パン屋さんには及ばなくても
「おうちで美味しく焼けるパン」としては
セミハードなパンに力が入る私ではあります。
だから私は小型のセミハードなパンが多いのです。
もちろんビジュアル的にも好み♡

いつかデッキオーブンで思う存分
バゲットを焼いてみたい願望は
パンを焼く者としてはずっとありつつ^^

ともあれ
私たちは家庭用オーブンが相棒。
そんなこんなは
まるっと承知の上で
やっぱりカンパーニュやバゲットも
もっともっと上手になりたいよね~^^
私もそう。
焼いていこうさ♪

ただ
「おうちパン」にダメなパンはないんだ!

焼いたパンは残念も成功も
散切りにしただけで落ち込まないで
美味しく食べながらね^^

_MG_2089-1.jpg


 ・教室HPはこちら→
 6月「エピ&シャンピニオン」レッスンはこちらです→
 ※過去レッスン個人レッスンもお問合せください♪

参加中です♪

クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


料理教室検索クスパ
・レッスンのお申込みはクスパからも♪

QR

なぎの木パン教室

LINE公式アカウント

・レッスンメニューや最新情報をお届けします♪

該当の記事は見つかりませんでした。