パンが主役の”ものづくり”

作って撮って。

「金継ぎふぅ」で器復活①

Posted by nagyi(なぎ) on  

P1189339_20240216172621dd1.jpg
さてさて先月のある日
この写真を最後に割れてしまった
こちらの器…

ありゃ~💦ぱっくし
まっ二つ
最近の嵐のテーブルフォトで
犠牲になってしまった第1号
P1190765.jpg
この器はね。
コロナ前2019年に普通列車で
山形まで「撮る旅」に行った時に購入したもの。

どこかに行くと器を買う習性あり^^

たしか、。9回くらい乗り換えて
山形までいったのだよね(*`艸´)

9回て💦神奈川→山形て。
よくもまぁいろいろ行っていたなぁて。笑
カメラ持って途中下車しながらね。

それが…
あの時の器が、、、
お店の方にお話しを伺いながらの
素敵なほんのり緑がお気に入りの器が
割れてしまったショックは




そして…まず頭に浮かんだ金継ぎは
本格的で難しくて
お金も時間もかかるイメージこれまた大。

調べてみると
「なんちゃって金継ぎ」もあるらしいとな✨

しかしながら
なんちゃってに使われるらしき

手軽でお手頃な「合成うるし」なるものや

「陶器に使えるボンド」にしても

口にする食器には使えないものが
ほぼほぼらしいのです。

そんなこんなで
諦めかけた頃
なんとも素敵な記事を発見しつつ

器を復活させたくてね^^

今回こちらのサイト
「デフラグライフ」さんの記事を
できるだけ忠実に再現させて頂きました♪


https://www.defraglife.net/kintsugi-hi-tech/
勝手に書かせて頂いているだけでして
もちろんPRでも依頼でもないです…はい。


それにしても
なんちゃって金継ぎの多くに使われている
こういったエポキシ系のボンドも

P1190824.jpg
P1190829.jpg


今回使うタイトボンド⇩も
他の用途に使った事はあって、。
どちらも使いかけを既に持っているという…
もしかしたら
私はなかなかのDIYヤ~なのかもしれんぞ(〃艸〃)
昔から比較的なんでも
自分でやる方ではありつつも。笑

ともあれ最近では先日の
私には「
大作の窓枠」にも使ったボンドです^^
※飾り窓枠は普通の木工用ボンドで。
P1189379.jpg

安全性や今回のやり方の詳細は
上記サイトにとても詳しく書いてくださっていて
有難い。


改めてボンドを手元に
「なるほど、。なるほど、。」

一般的なボンドは
食器などに使用の場合は裏面を要確認♪

P1190821.jpg

もちろん
そもそも「金」じゃぁないし
本格的な金継ぎのような仕上がりには
ならないとて、。

あくまで
「金継ぎ風」

でも今回のやり方は
何より食器に使っても安全

電子レンジ可だそうな。


あぁ✨
欠けているマグカップにもいいかも^^

やっぱり何かを発信するからには
問題点なども書いていないと
良くも悪くも
広まってしまうだけなのでとても有難いのです♪

自己責任でやるのは個人の問題であっても
公開となると、。

そのまま広めてしまう方が多すぎてしまって
製パンの世界、パンもしかりだね。

そんなこんなで
ざっと見ただけでも実際
「合成うるし」や
エポキシ系のボンドを食器に使っている
サイトやYouTubeも
普通にいっぱいあったのでした


ともあれ
いざ開始。笑

とても詳しく書いてくださっているので

良く読んでできるだけ忠実に♪
写真だけ細かく撮ってみた^^

P1190776.jpg

ボンドをつけて
しばし待つべし

P1190781.jpg

しっかり押さえてと。

P1190801.jpg

更に待つべし。

P1190791.jpg

はみ出し部分を軽くとって。
P1190807.jpg

こんな感じに。



P1190809.jpg

このまま翌日♪
しっかりくっついたところで

激落ちくん使って洗うと
こんな感じです。
P1190841.jpg
なかなか綺麗にできました♪

次はいよいよ金色に^^

つづく
P1190844.jpg



 ・教室HP→
 「基本のコース」レッスンはこちらです→

参加中です♪

クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村



・無料レシピ等、営利非営利ともに無断使用・二次使用・複製(コピー)・商業利用は固くお断り致します。
・当教室は1分捏ね〇分捏ね。〇〇製法〇〇パン製法等「特定の製法」のお教室を推薦しておりません。   
 ※本来の「パン好き先生」が増えますように→★


該当の記事は見つかりませんでした。