パンが主役の”ものづくり”

 ~家庭用電気オーブンと精進な日々~

ちょっと真面目なパン作りの話。

Posted by nagyi(なぎ) on  

IMG_9526.jpg
 さてさて明日で11月も終わり。
っとは全然関係はないのですが💦

先日ツイッターで「あるパン屋さん」からリプを頂いたのをきっかけに
今日は先日作ったこれまた全然関係のない「汁なし担々麺」の写真をトップに
ちょっと真面目なパン作りの長いお話^^

ザーサイを入れてね♪
とても美味しかった汁なし担々麺(*`艸´)って、いつもの自画自賛💧

さてさて、。そんな先日頂いたリプは
私が一カ月以上前に投稿したツイートへのものでした。
時系列であっという間に流れていくTwitter
家庭製パンの私の随分前の投稿をよく見てくださったんですね。

「天然酵母」という呼び方も製パン業界では賛否両論はあるようですが、。
それについては更に長くなってしまうので今回はさておき、

こちらのパン屋さんもまたご自身で色々な酵母を起こされる
天然酵母を掲げているパン屋さんの方のよう。

そんな影響もあるのでしょうか、

「パンは生き物なので作り手のかかわり方で焼き上がりが変わります。
同じレシピでも100人違ったパンになりますので、それはそれで楽しい事です。
パン作りには決まりはありません。思い道理に楽しんで生地と対話しましょう。」

上記のようなリプでした。

ちょっと、。私が投稿した内容の意図とは違っているのですが💦

何より、。「楽しんで生地と対話しましょう。」
よりによって、。私が言われてしまいました(〃艸〃)お恥ずかしい、。

もちろん楽しむ事は大前提として、
とても最もな内容ですし、私自身も日ごろから感じている事。
当然の事として理解できます。

その一方でパン作りも科学で製パン理論があり、それでいて自然のもの。
まだまだわかっていない事がたくさん。

とはいえ、。色々な疑問全てを
「パンは生き物。パン作りに決まりは無いから、楽しんで♪」
そうおさめてしまうのもまた、大胆なような...

今回の方がそうという事ではなく、以前より感じているのは、。

職人さんと言っても色々な考えの方がいらっしゃって
昔の職人さんは特に、経験と勘という事で全てを解決していた方が多いような...
それはもちろん今もとても大切な事かと思いますが
理論や科学的な机の勉強もまた大切な現代のように感じます。

だからこそ私自身も圧倒的に若い男性が多い中、。
素人の私が畏れ多くもプロが学ぶ製パン学校で勉強した経緯があります💦
厳しい課題にテストと論文そして実技💧
理論をメインに学ぶ為に。

それによって昔より、
言ってみれば勘と経験だけに頼っていた修行の期間が短くなったり
若い方の斬新なアイデアが早く活かされるようにもなっているのかも知れないと
あくまでパン屋さんの職人ではない、素人の私としてはそう感じています。
それは製パン業界に限った事ではなくて。

製パン学校で、ある先生と雑談をした事がありました。

そんな職人さんと出会った時、その先生は
「理論としては間違っていても、その職人さんが信じきっている
昔からの考え方を変える事はできないし、
何よりその方のパンを”美味しい”っと言って買いに来られるお客さんがいるのであれば
それでいいかな。っと最終的には思うようにしている。」

そんな内容でした。
私もその時納得したのを覚えています^^
(パン屋さんであり職人さんだけに、。
それを自信を持って広めてしまうのは少し問題もあるかも知れませんが...💦)

逆に言えば、。まだまだわかっていないパン作り。
であれば、家庭でいただく家庭製パン。
もっと自由でいいんじゃん^^
そんな風にも思えるかも知れません。笑

疑問は解決するものもあれば
職人さんによってもパン教室の先生によっても回答は皆それぞれ。
そしてその解決や正解はどこからもでない事も実は多いんです。
良い悪いという事ではなくてそういうもの、。っとして捉えています。

そんな私だって偉そうな事が言えるワケでもなく、。
理数系の学校出身の方が多いプロが学ぶ製パン学校。
当たり前にでてくる元素記号が満載の内容ですら、
理解ができなかった事もいっぱい…💦

本当のプロのパン職人さんはその上でのお店での瞬時の判断の数々、。
確実に頭が切れる方がほとんどだと思っています。

そしてそんな疑問は自分の中で何とか折り合いをつけつつ
ある程度の納得がいくまで自分でやるのも一つ♪
「こだわるところ」と「こだわり過ぎないところ」と^^

だからパン作りはやればやるほど難しくて面白い♪

机の勉強の部分と経験と勘の勉強の部分と
「理論と科学」と「勘と経験」
その両方があって「パン作りの腕」が上がっていく事に繋がっていくような。

知らなくてもパンは焼けるし
家庭製パンではそこまで考えなくてもいいと思っています^^
美味しいパンを心を込めて焼く事の方がまずは大切で♪

学んだ事が発揮できるプロの機材や環境が家庭には無い事がほとんどですので
考えても何より疲れてしまいますしね(*`艸´)

でもせめて基本的な原材料についてや
科学や製パン理論は知っていて焼くのと知らないで焼くのとは
レシピを作って、この先パン教室をやりたい者としては大きな違い。

ともあれ、。あくまで今の私が感じた事。
そんなちょっと大変失礼ながら💦
心で苦笑いなツイートをキッカケに真面目なお話をした今日の記事でした^^

それでも確かに!
「生地との対話」はもっとしないといけないな...精進精進

該当の記事は見つかりませんでした。