パンが主役の”ものづくり”

 ~家庭用電気オーブンと精進な日々~

パン・オ・ルヴァン再び^^

Posted by nagyi(なぎ) on  

IMG_4377-1.jpg
再びパン・オ・ルヴァン^^
何度も種継ぎを繰り返したルヴァン種だけに元気なうちに♪

こちらは成形後。
IMG_4287-1_20180429225323d1f.jpg
焼成後、瞬く間に時間が経ちつつ、。
写真を撮るタイミングはだいぶしくじったけれど、。
今回は素敵な食事ふぅ~に撮らなくてもいいかな…(*`艸´)

ド~んとパンだけで撮影。笑

写真は今もこの先も好きな趣味の一つなので
楽しんで〇^^あまりコ難しい事は知らないので多くは語れないし語らない。
あくまで趣味は趣味として趣味の範囲で♪

パン作りはね。
たとえプロの職人さんであっても、。
もしプロ用のミキサーにホイロにオーブン。
Cフードなどの生地改良剤を使ったパン作りしか知らないと?

家庭環境でのパン作り、
家庭用オーブンで同じように焼くのはかなり難しいと思うんです。
数多く焼くスピードより成形の腕と雑さはダイレクトにでるし、
家庭でプロの生地づくりは難しいものだから。

家庭にそのまま持ち込む事は出来なくて。
基本は同じであり、ある意味別物な部分もあり。

話は横道にそれますが、興味が無い方はスルーしてくださいね^^

Cフード(イーストフード)は生地改良剤と言うと、
イーストフード不使用なんて表示があったり、
無添加パン。なんてパンがあったり、。
多分よく知らないまま世の中的にはちょっと良いイメージにはなっていない気がします。

中にはパン酵母(イースト)で焼いたパンがイーストフードなんて
思っている方もいるみたい…

そして何かと言えば、製パンでは酸化剤として使われるビタミンC。
酸化防止剤じゃなくて、。酸化剤として♪
そのあたりの詳しい事はさらに製パンのコ難しい話になるので今回は割愛しますね。
そして、そのビタミンCをパン作りに使いやすくしたものがCフード(イーストフード)

酸化が早いものだけに、パンを作るたびに、
例えば?レモンに含まれるビタミンC含有量を考えながら絞るのは厳しいですからね。
それを知れば、怖がる程大きく身体に悪いものでは無いと私は感じます。

清涼飲料水に酸化防止剤としてビタミンCが入っているけれど、
役割は違っても、身体に入る事に関しては同じ感覚かな。

あまりいないとは思いますが、。

それじゃ、。そもそも、たとえ家庭でのパン作りで
Cフード(ビタミンC)を使ったとしても??

業務用のある程度馬力のあるミキサーが無ければ、
肝心なミキシングの前半で生地中にあまり酸素を取り入れる事が出来ないので
酸化剤としてどれだけ結果がでるかは…?

って、。興味が無い方にはつまらないお話でした。
家庭ではあまり考えなくても良い話。
それでも確実にパン作りの話。笑

ともあれ、。思い残しもあれど、ちょっと嬉しい
久し振りの家庭のパン・オ・ルヴァンが焼けました^^
IMG_4370-1.jpg 

該当の記事は見つかりませんでした。