パンが主役の”ものづくり”

※オンライン「なぎの木パン教室」はじめました♪

砂糖は液体に混ぜるのがしっとり。

Posted by nagyi(なぎ) on  

_MG_9941_20210204105934831.jpg
先日初回のパヴェレッスンが終わりました^^
私作なトップ画像↑
この回はお二人レッスン♪
お二人とも
私のはじめてのパヴェとは
大きく違って💦
とてもお上手♡
っと言うより、。
私より上手では??(〃艸〃)ナイショ

スクリーンショット20210203
さてさてレッスン♪
パヴェは待ち時間が多くて
色々なお話しができた反面

少し混乱させてしまった内容もあるかも知れません💦
雑談として
頭の片隅に置いて頂くだけでも
上々です^^
中でも今回は特に「砂糖」のお話しと
パヴェとは少し離れるものの
パン作り全般に言える
「でんぷん」のお話しも
一歩踏み込んでのお話しが多くできました♪

その中で一つ!
とても勉強になるご質問を頂きつつ^^
良い機会なのでご紹介♪

私はよりしっとりさせたい生地の時は特に
「砂糖を液体に混ぜて溶かします。」

※砂糖は液体に混ぜた方がしっとりする。
これは昔、学校でも習った事。
でもその理由は??

正直に言ってしまうと
その理由までの詳細を伺った記憶が無かったので
まずはそう覚えつつ!
私なりに理由づけをしていました。

なのであくまで私の推測ではあるのですが
二つの理由を書いておこうと思います^^

一つは今回のご質問でもお答えさせて頂いた回答。

実は
砂糖は水の倍量以上溶けるんです!
だけに粉に混ぜるより
水として液体として粉に混ぜた方が
粉がダイレクトに吸ってくれて
より粉がしっとりするのではという事。

そしてもう一つ思うのが
っと言うより
その一歩踏み込んだ理由。

こちらは
少し難しい内容になるので割愛した部分です♪

それが以前
このブログでも記事にした
「パンにおける自由水、遊離水、結合水」
これを理解していないと
伝わらないだけでなく混乱してしまうだけなので
割愛させて頂きました💦

つまりは
結合水は乾燥しにくく凍りにくいので

砂糖を液体に溶かす事で
結合水の割り合いを多くして粉に混ぜた方が
よりしっとり♪

そんな理論に繋がるのではと思うんですね。

皆さんのレッスンでの疑問やご質問は
私自身の勉強不足や
分かりやすくの説明が難しく
全てを即答で
お答えできるワケではないのですが
最善をつくしつつ

レッスンでのご質問は
私の勉強や成長にも繋がります^^


今回は文章にした事で
少しでも腑に落ちる
お答えになっていると良いなぁ♡

そしてパン作り好きさんの
何かの参考。
お役に立てると嬉しいです^^
_MG_9928_202102041059317a5.jpg


 ・教室HPはこちら→
 5月「膨らむピタ」レッスン募集中です→
 ※過去レッスン個人レッスンもお問合せください♪

参加中です♪

クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


料理教室検索クスパ
・レッスンのお申込みはクスパからも♪

QR

なぎの木パン教室

LINE公式アカウント

・レッスンメニューや最新情報をお届けします♪

該当の記事は見つかりませんでした。