パンが主役の”ものづくり”

「うんちく」いっぱい♪「なぎの木パン教室」

凄いがいっぱい「パスコの超熟」

Posted by nagyi(なぎ) on  

_MG_8141.jpg
先日購入した
「パスコの超熟」の続き。

なんの為に購入したかと言えば
もちろん食べる為でもあるものの

この「バッグクロージャ―」の為だけはないんです。笑
先日の記事
「食パンの袋を留めるコレは!?」

_MG_8145_2022093023272687a.jpg 

今回はちょっと勉強の為にも
ご紹介したい事♪

この大手のパン
ホールセールベーカリーの袋入りのパン!
スーパーの安い袋入りのパン!?
そんなイメージで馬鹿にしてはいけないよ。
実は学べる要素がいっぱいなんです^^

特にパスコの超熟は
凄いがいっぱいなんだ。
_MG_8150.jpg
まずは!この部分。
「湯種」のレッスンを受けてくださった方は
覚えているかい!?
小麦粉を熱湯でα化して…の部分。
これは湯種の意味だね^^
中種が主流のホールセール
湯種までも…


  _MG_8135.jpg
次に原材料名。
イーストフードなどの
生地改良剤の記載なし!!不使用。
「おうちパン」と同じじゃん!

おっ♪そして「醸造酢」
今月のイングリッシュマフィンのレッスンでも
酢がでてきたよね^^

いたってシンプルな材料のみ!
_MG_8153_20220930232729597.jpg
そしてこちら。
1斤は340g以上です!!
少な過ぎる生地量でぶわっと
膨らませても1斤とは言えないんだね^^

次にこの部分!
「おいしさを長持ちさせるため、
冷凍専用の容器や…」
パンは冷蔵庫より冷凍庫!!

ナゼに冷蔵庫じゃだめなの?
それはフォカッチャなど「でんぷん」
レッスンでてできた事だね^^

開封後は、できるだけお早めにお召し上がりください。
これはどんな食品にも書かれている事が多い部分。

いつかTwitterで炎上していたけれど

未開封の状態で
1年冷蔵庫に入っていた超熟に
カビが生えない…っと。

もちろん保存料等の記載はありません。
じゃぁ嘘だって!?

いやいや、。
それは未開封であれば
相当の衛生管理がされている環境と
考えられた包材であれば!
もしカビの胞子が入っていない状態のまま
包装&出荷されれば
そもそもパンと袋の中に
カビの胞子が無い状態だけに
カビは永遠に
生えないのでは??と…

ただの凄い企業努力が証明されただけ
なのでは??っとも考えられたりします。

安易で根拠が曖昧で
無責任な炎上の凄さを目の当たりにして
遠い目になってしまいました...

さてさて、。
話は戻って
100円代で購入できる食パン。
この袋に記載された内容だけでも
実はこれだけの学びが詰まっています^^

工程も含めたレシピには
もっともっと
それを作った人の
たくさんの情報とそのパンの意図が
詰まっているんですね。
それを読み解ける人が見れば
納得にもなるし、逆に矛盾にもなるもの。

だからこそ!
「おうちパン」とてレシピを作るには
ある程度は
勉強が必要になってくるんです。

そして公開の際は
間違いを広めてしまう原因にも!

それにしても
これだけ安くて凄いのであれば!
時間と手間をかけて
わざわざ「おうちパン」を焼くのが
馬鹿バカしくなりますよね(*`艸´)


ではでは、。
私が何故におうちパンが辞められないかと言えば、。
当たり前だけれど
そもそも作る事が好きなのと!
見た目もテンション上がるのはもちろん
美味しいから^^
製品の香りがしないから。

何故かはわからないけれど、。
コンビニのパンも
他のホールセールの袋入りのパンもね。
もちろん嫌いではないんです。
でもね。
みんな不思議とどのパンを食べても
同じような味に感じてしまうんですね。

なので
作るのがやめられんのです(*`艸´)
そんな理由もまた一つ^^


 ・教室HPはこちら→
 9月~「基礎理論コース」レッスンはこちらです→
 ※11月の単発レッスン「メロンパン」はこちら→

参加中です♪

クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


料理教室検索クスパ
・レッスンのお申込みはクスパからも♪

QR

なぎの木パン教室

LINE公式アカウント

・レッスンメニューや最新情報をお届けします♪

該当の記事は見つかりませんでした。