パンが主役の”ものづくり”

作って撮って。

内相撮るって難しいね。

Posted by nagyi(なぎ) on  

P1191344.jpg 
さてさて、。
先日焼いた「りゅすてぃっく」

そして内相~♪
パンの外相ばかりを撮る事が多くて
いや、。撮ってきたけれど
内相てね。

パンを作る上でも大切で
とても難しく奥深くて面白いんだけれど

撮るのもまた難しいと感じるのが内相

あ。でもね。

大前提として

もはやせめて
このブログに来て下さる方くらいは

よくある売り文句のような

気泡ボコボコ
クープぱっか~ん♪

だとかは

パン焼き初心者さんは
そこばかりに興味を持つのも
ある意味仕方がないと思うし
通る道とて

ある程度経験されている方はね

それは初心者さんが気を引きやすい言葉だったり
売り文句でありがちな言葉だったりもするけれど

そろそろソフト系もハード系も
大切な一つの外相、内相として
両方を捉えた方が本来のパン焼き向上の為には
良いとも思います。


そして確実に言える事は

たまたま偶然ではなく・・・
どこまでできるか…ある程度は

自分の理想的な内相に焼くには

理論無くしては難しいということ
最低限の知識はあった上での
技術と経験とその時その時の判断になること

それはプロの職人さんでも
難しい領域に入っていく事になるし
それを家庭環境で近づけるというのは

プロの方以上に難しい事だと思っても
間違いではないこと。

上手な方はプロの中でも
上手な方^^
相当な技術のある方

その前提で一度はある一定期間
向き合ってみる。
そんな勉強の為に経験されるのは良いとも
思っています。

環境、知識、オーブンも技術のベースも
皆それぞれ

その上でどう感じどう考え
自分の家庭用オーブンで
自分が焼いたバゲットを

それをパン屋さんのようなフランスパンと
捉えられるか?
バゲット好きの方が食べるバゲットか。
家庭は家庭として捉えるか。


その先に進むかは皆それぞれ。

いちホームベイカーの私もまた。

家庭環境で焼くハード系の中では
リュスティックを
美味しく焼けるようになれる事が
色々な意味で大切で良きと感じつつ。

特に外相などクープも大切とて
どちらかと言えば学びとしては
内相と向き合えるパンのようにも感じつつ。

油脂なし、全粒粉なしの
いわゆるフランスパン生地の
「おうちバゲット」であればまずは一本クープ。

それ以上は技術と家庭用オーブンの
温度と
スチームファン
(熱風)との闘いでもあり。

形のかっこ良さの拘りの問題でもあり。

1本クープも5本クープも
味の面での違いが大きくあるかと言えば?
そして内相とて
ほんの少しの気泡の詰まりが
食感で歴然とわかるかと言えば?

であればまずは
しっかり1本クープを開かせつつ
内相とともに
良きに焼けるようになる事の方が
家庭製パンなりの
美味しいフランスパンになるような…

ともあれ、。
そんな難しくて面白い内相

せっかくであれば
この内相を
一眼カメラでないと撮れない写真になればと

こんな感じに撮ってみたという。笑

撮るのもまた難しくて面白い^^

小さめな気泡が多いかな。

P1191329-2.jpg



 ・教室HP→
 「基本のコース」レッスンはこちらです→

参加中です♪

クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村



・無料レシピ等、営利非営利ともに無断使用・二次使用・複製(コピー)・商業利用は固くお断り致します。
・当教室は1分捏ね〇分捏ね。〇〇製法〇〇パン製法等「特定の製法」のお教室を推薦しておりません。   
 ※本来の「パン好き先生」が増えますように→★


該当の記事は見つかりませんでした。